台風20号の接近に伴う水稲・園芸の管理対策

18/08/23
 気象庁の発表によると、台風20号は8月24日金曜日に新潟県に最接近する見込みです。台風の進路によっては、フェーン現象が発生する恐れがあります。今後の台風情報に十分注意し、適切な管理に努めてください。

【水稲】
●フェーン被害発生を防止するため、用水の供給状況を確認し、フェーンになる前に速やかに湛水しましょう。
●台風が通過したあとは、自然落水を待ち、間断かん水を行いましょう。
●深田等の渇き難いほ場や早生品種等では仕上げかん水を含め状況をみながら落水する。

【園芸】
●野菜・花卉、果樹全般にて、ハウスやトンネルのマイカー線、防風網や果樹棚等の施設、設備を点検補修する。
●病害が発生し易くなるので、発生状況を確認し、必要に応じて防除を実施する。特に、これまで強風等の被害を受けたほ場では防除を徹底する。
●草勢が弱る場合は回復のため、葉面散布や液肥等による追肥を行う。

【※台風通過中の悪天候時は、安全のためほ場等の見回りは行わないようにしてください。】
× 閉じる